オキソアミヂンの効果

にんにくの活力の源 オキソアミヂンの効果と副作用

プロキオンの肝とも言えるオキソアミヂン。
優れた滋養強壮作用を持ち、血流の改善を促して血液を流れやすくしてくれたり、精力の増大効果もある有り難い成分です。

 

ですが、本当にオキソアミヂンにそんな効果があるのかと疑問に思いませんか?
オキソアミヂンは私たちにどんな効果を与えて、どんな副作用があるのか。
そもそも根拠はあるのか。

 

詳しく調べましたので、紹介していきたいと思います。

 

オキソアミヂンとは

オキソアミヂンはスコルジニンとも呼ばれる、にんにくに含まれている成分です。

 

大昔からにんにくは滋養強壮や活力の増強、疲れを取るための特効薬として愛用されていました。
そんなにんにくの力の源こそがオキソアミヂンなんです。

 

もともと、にんにくの有効成分はその強い臭いの元であるアリシンだと考えられていました。
科学的な根拠があるわけではなく、疲れた時や病気のときなんかに食べると元気が出てくるし、臭いの元が効いているんだろうという感じですかね。

 

しかし数十年前、京大農学博士である小湊博士は、にんにくの本当の有効成分は臭いの元であるアリシンではなく、臭いのしないオキソアミヂンであることを発見しました。
にんにくを食べて元気が出るのも、ムラムラして性欲が増すのも、このオキソアミヂンのおかげなんです。

 

しかもこのオキソアミヂン。
無臭なのでこれだけを摂取すれば口が臭くなることもありませんし、胃腸などへの刺激が少ないという特徴もあります。

 

臭いも刺激もなく、摂取すれば活力が出てくるオキソアミヂン。
にんにくの元気の秘密ともいえる成分なんです。

 

オキソアミヂンの効果

にんにくの元気の秘密であるオキソアミヂンの効果は大きく分けて3つ。

血流の改善

オキソアミヂンには血管を拡張させる効果があります。
血管を拡張することで血液の流れが良くなり、身体の隅々まで血液を届けることができます。

 

血管が拡張されて血流が改善されれば、血圧が下がって心臓への負担が減りますし、動脈硬化の予防も期待できます。
また、手足の先に流れる血液量を増やすことができますので、身体が温められて冷え性が改善されるという嬉しい効果もあります。

 

精力に関する効果としては、勃起力の改善が挙げられます。
そもそも男性器は海綿体が血液で満たされることで膨張して硬くなります。
これが勃起というやつですね。

 

動脈の広がりが不十分だと勃起し難くいですし、高血圧だったり動脈硬化などの障害があっても勃起はし難くなります。
ですので、勃起力の改善には血管の拡張はとても効果的なんです。

疲労の回復効果

人の疲労の原因の一つはビタミンB1の不足です。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えて筋肉や神経の疲れを和らげる働きをする栄養素です。
このビタミンB1が不足してしまうと、エネルギーが作られ難くなり、疲労が蓄積されてしまうわけです。

 

オキソアミヂンの効果の一つにビタミンB1の吸収を促進するというものがあります。
オキソアミヂンを摂取することで、不足したビタミンB1を効率良く取りこむことができ、疲労の回復に欠かせないエネルギーをしっかりと作り出すことができるようになります。

強い酸化還元作用

オキソアミヂンには強い酸化還元作用があると言われています。

 

酸素からエネルギーを生み出す際、その一部が活性酸素に変換されます。
この活性酸素は細菌やウイルスなどの身体に侵入してきた異物を排除してくれるんですが、増えすぎると人の身体の細胞を傷付けてしまいます。
傷付いた細胞が増えると健康を維持できなくなります。
いわゆる老化と言われる現象ですね。

 

増えすぎた活性酸素を吸収したり、活性酸素によって老化させられた細胞を元に戻してくれるのがオキソアミヂンの持つ酸化還元作用です。
オキソアミヂンには、活性酸素によって老化させられてしまった細胞を活性化し、若返らせる効果があるというわけです。

 

オキソアミヂンの副作用

ここまでオキソアミヂンには血流を改善し、疲労を回復、優れた酸化還元効果があるということをお伝えしてきました。
ですがどんなに優れた効果があったとしても、酷い副作用があるのでは意味がありませんよね。

 

安心してください。
オキソアミヂンには副作用は確認されていません。

 

しかし、オキソアミヂンには血流の改善作用があります。
ですので、けがをした際には普段よりも血が止まりにくくなる可能性はありますので、少しだけ注意が必要です。
また、オキソアミヂン自体には副作用は特にありませんが、オキソアミヂンを含むにんにくは食べ過ぎると下痢や胸やけなどの健康障害が起こることがあります。
もし、オキソアミヂンの摂取を目的としてにんにくを食べようと考えている方はご注意ください。

 

オキソアミヂンの欠点

優れた滋養強壮効果を持ち、しかも副作用が特にないオキソアミヂン。
高い効果がありますので健康に良いですし、精力の衰えが気になる方にもこれ以上ない成分です。
しかし、そんなオキソアミヂンにも欠点はあります。

 

にんにくに含まれるオキソアミヂンの量は非常に少ないという点です。

 

オキソアミヂンの量はにんにくの中の0.03%程度
オキソアミヂンが効果を発揮するには、一日に200mgが必要と言われています。
もしにんにくを食べることで、必要な量のオキソアミヂンを摂取しようと思えば700g近くのにんにくを食べなければなりません。

 

正直かなり無茶ですよね。
一日ならなんとかなっても、毎日となるとまず無理でしょう。

 

オキソアミヂンを摂取したければサプリメントや薬に頼るしかない。
これが大きな欠点です。

 

オキソアミヂンの摂取方法

オキソアミヂンは普段通り生活していても、十分な量を摂取することはまずできません。
ですので、サプリメントや薬を服用するのが効率的です。

 

薬局で販売されているドリンク剤の中にもオキソアミヂンが含まれているものがあります。
ゼリア新薬のハイゼリーや興和新薬のキューピーコーワゴールドα辺りは簡単に購入することができます。
しかし、この2つの商品に含まれているオキソアミヂンは50mg前後しかなく、オキソアミヂンの摂取を目的にするには量が足りません。

 

オキソアミヂンを摂取するのなら、精力剤のプロキオンがおすすめです。
プロキオンなら一日に200mgのオキソアミヂンを摂取することができますし、ビタミンB1とビタミンEも含まれているので、オキソアミヂンとの相乗効果が期待できます。
まとめ便を利用することで一日200円弱に抑えることができるのも魅力ですね。

 

オキソアミヂンについて詳しくはこちら

 

プロキオン 公式サイト

 

オキソアミヂンについて まとめ

オキソアミヂンはにんにくに含まれている成分で、にんにくの持つ滋養強壮や精力増強などの有効成分です。
強い臭いもなく、刺激も少ない副作用が特にないのも特徴です。

 

オキソアミヂンを服用することの効果は大きく分けて3つ。
血流の改善、疲労回復、酸化還元作用です。

 

血管を拡張して血流を改善することで身体の隅々まで血液を届けることができ、血圧を下げる効果もあるので、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果があります。
また、股間周りへの血量が増えるので、勃起の維持力上昇などの男性にとって嬉しい効果もあります。

 

他にも、身体の疲労を癒したり、精力を増したりなどの効果もあり、オキソアミヂンは滋養強壮・精力増強に強い効果を持つと言えます。

 

オキソアミヂンの欠点としては、にんにく一球に含まれる量が少ないという点が挙げられます。
にんにく一球に含まれるオキソアミヂンはたったの3%。
一日200mgを摂取しないとオキソアミヂンは有効性を発揮しないと言われているので、サプリメントや薬を服用する必要があります。

 

オキソアミヂンの摂取には滋養強壮剤のプロキオンがおすすめです。
カプセル2粒にオキソアミヂンが凝縮され、必要量を摂ることができます。
安全性が良くわからない海外製品と違い、基準に適合した日本国内の工場で製造されていますし、指定医薬部外品にも認定されていますので、安全性にも問題はありません。

 

プロキオン 公式サイト

 

トップページに戻る

ホーム RSS購読 サイトマップ
体験談 プロキオンの成分 プロキオンの副作用 口コミ Q&A